日本語 (Japans)

奇跡を自分の目で見る

ウィーウェルトの数世紀にあるミイラの不思議な話は数え切れない謎で塗れました。胴体はどう1609年からこんなによく保存されたのは今でも科学的に開かせませんでした。納骨堂は謎でウィーウェルトの秘密を持っています。4月から10月まで観光旅行を開かれます。15人からの集団は前にお知らせ下さい。拝見料は一人ずつ3ユーロです。

ミイラ の歴史

ウィーウェルトのニコラース教会で世界の不思議は一つ見られます:3世紀上前からのミイラです。中に埋められた納骨堂の自然な具合のでミイラになりました。この神秘の原因は今でも科学者に分かりません。

1609年教会の歌唱団の場の下でワルターという貴族の為に納骨堂を創られました。村の近くのお城で住んでいました。1675年にラバディスタンの集団もワルターのお城で住みなって集団の何人かも納骨堂に埋められました。

1765年に大工は納骨堂で保存した胴体を見つけまして「ウィーウェルトの秘密」を発見しました。あの日から人たちは大勢でこの奇跡を見に来ます。科学者はまだ保存の原因が分かりません。数探究者に発見したのは納骨堂の変わらない低温と高湿度です。もしもう一つの大切な因子は消えない気流かもしれません。

何人かは他の原因に信じています。それは地面の放射とか土のガスなどですけど本当は分かりません。天井でいる鳥達は納骨堂での今でも続くミイラ化の証です。。。